転職活動、募集が多い時期はいつ?

就職活動とは違って、転職活動をする時期は人それぞれです。年度の区切りや、引き継ぎを考えて退職する人が多いですが、活動は仕事と並行して行ったほうが安心です。辞めてから活動すると、経済面が不安定になってしまうので、できるだけ決まってから退職するようにしましょう。転職するときは募集の多い時期を見計らうことが、スムーズに進めるコツです。会社が求人を出すのは、当然ですが人が足りないとき、誰かが辞めると決まれば募集する可能性があります。

年明けの1月は年末年始の休み明けで、求人はあまり多くないでしょう。しばらく忙しいので、年末に誰か辞めた場合でも募集が出るのはもう少し先です。動きがあるのは2月、これは年度末で退職する人が申し出る時期だからです。年明けの忙しい時期が過ぎて、年末に誰か辞めた・年度末に欠員が出るときは、2月頃から募集して4月に新入社員と一緒に入ってもらおうと考える会社もあります。2~3月は多く見られ、辞める人の理由も全員ではありませんが、職場の環境とは関係ないことが多いです。4月は新入社員が入り、一時的に求人が減る印象を受けるでしょう。継続して出しているところもあるため、様子を見ることをおすすめします。

5~6月は実際に1ヶ月勤務したけれど合わなかった新入社員が、退職を考える時期です。ゴールデンウイークによく考えたり、連休にも関わらず休みがもらえなかったりして退職する人が出るからです。必ずしもブラックであるとは限らないので、この時期はしっかり求人をチェックしたほうが良いでしょう。7~8月は業界によっては繁忙期、そうでない場合は休みに入るので求人が減少すると言えます。秋にかけて求人が減りますが、年末年始が忙しい業界では秋頃に募集することも。年末に辞める人がいるので、年明けから働ける人を探している会社もあるはずです。

一定期間、求人票を見ていると気付くことがあるはずです。頻繁に求人を出しているときは、全く同じ職種か否かをチェックしたほうが良さそうです。すぐにブラックだと決めつけず、自分自身で判断できるようにして下さい。

転職の求人情報チェックは待遇よりも仕事内容重視

転職の求人情報をチェックする時には、待遇よりも仕事内容重視で考えたほうが良いでしょう。ついつい待遇の良し悪しというものを気にしてしまうところがありますが、今は待遇などはあっという間に変わるというのが当たり前の時代です。一時的なものを気にしてもあまり意味はありませんが、自分が成果を出すことが出来ればその待遇はいつでも変えていく事が出来ますから、まずは成果を出すことが出来る環境があるのかどうかを考える必要があります。

 

それは自分のやりたいことが出来るのかどうかという事とも深く関係してくる事になります。時間的な事も考える必要がありますし、設備や職場環境というモノも必要となる事もあるでしょう。一人で出来ない場合は部下や上司を含めた人員が居るのかどうかという事も考える必要がありますかもしれません。

 

ですから、基本的に待遇だけが記載されているような求人情報では転職には向かないというように考える必要があります。そこでどのような事が出来て、どのような成果を出すことが出来るのかという事が自分の頭の中でイメージすることが出来るという事が転職においては重要視されるという事になります。これが出来ないのであれば、転職をしても単なる歯車的存在として扱われることになるといえるでしょう。単なる人材不足の補充という事にしかなりません。当然給与も上がることはありませんし、待遇が良くなるという事もないです。

 

基本的に転職において必要なものは自ら要求しなければ出てこないというように考えなければなりません。自分が成果を出すために必要となる人や機材、設備などは全て最初の段階から人事採用に言っておいて、それが受け入れられるのであればそこに行くという事を考えてもよいというような事にしておかなければならないという事です。単なる補充の人という事にならないようにするためには、こうした自分の場所というモノを確保する行為が極めて重要になるという事になります。

転職活動で応募するとき、注意したいこと

転職活動はすでに勤務経験のある人が行うため、就職活動とは異なります。就職活動ではエントリーシートを出した後、履歴書にカバーレターをつけて出したのではないでしょうか。別紙で自己PRを添えた人や、業界によっては作品の写真を添付した人もいるはずです。転職活動では職務経歴書も必要で、過去に勤めた会社で何をしていたのかを書いて提出します。もちろん業界によっては作品の写真等を提出するように言われることがあり、送るときは社会人としてカバーレターをきちんと添えることも欠かせません。

 

採用担当者があなたを最初に見るのは、応募書類とも言えます。丁寧に書いたり誤字脱字がないようにしたりすることは当たり前で、書類を無色透明のクリアファイルに入れることも常識として必要でしょう。雨で書類が汚れていたり、読みづらい状態になったりすることがあるからです。書類を送るときは部署名が書いてあるはずですが、求人票に「~宛」「~課」に送るように指示されていたら、宛先に注意することが大切です。個人名だからと言って、「宛」を使うのはNGです。きちんと「様」に変更して、不自然でないことを確認して下さい。部署名が書いてあるときは、最後に「御中」をつける等のマナーを忘れないことです。相手は封筒が届いたときから、あなたのことをしっかり見ています。表面に気を取られ過ぎて裏面を書かずに出した、という失敗にも注意して下さい。

 

応募に必要とされる書類には、個人情報が詰まっているはずです。普通郵便で出すと、採用後も郵便物を何でも普通郵便で送ってしまうと思われるかもしれません。郵便には種類があるので、きちんと確認して追跡できるようにしたほうが安全です。送るときは会社が休みのときに届いてしまうことを防ぐため、週末に出さない配慮も必要でしょう。料金不足は書類を見てもらう以前の問題であるため、必ず窓口で出します。多めに切手を貼れば良いと判断し、何枚も貼っていると悪目立ちします。書類の内容が全てと思わず、書類そのものが恥ずかしくない状態であることを確認して下さい。

転職サイトはできるだけ優れている会社を選ぶことも大切です

転職サイトというものがあり、主にインターネット上で複数の会社が運営しているものを利用できます。仕事探しを行う方法はいくつもあり、古くから利用者が多かったものではハローワークの利用や求人雑誌の利用が一般的です。現在ではインターネットを使うということは社会人としては当然のこととして行われているので、転職サイトを利用して仕事探しをする行動についても広範囲で知られるようになりました。

 

実際にネット上で確認してみると、非常に数多くの転職サイトを見つけることができます。提供をしている会社選びを行う必要性もあり、安定した基盤を持っている会社のサイトは安心して利用するに値します。仕事内容によっても違いはあります。例えば看護師や薬剤師、保育士や工場勤務などの場合では、その仕事に特化しているサイトも確認できるので、該当する方は専門にしている会社を探すことが基本です。その他の一般的な方であれば、大手の転職サイトを利用することにメリットを感じることができます。

 

最初に会員登録を行うことが基本でもあり、次にレジュメを作成しておくこともポイントです。優れている会社の場合では、全国各地で募集している数多くの求人数を誇っていることの他にも、会社独自に入手している非公開求人の多さで選択することも良い方法です。機能が充実していることも大きなポイントです。転職する方の条件に合わせて絞り込みを行える機能が充実している場合では、使い勝手の良さを実感できます。

 

付随しているサービスで比較することも一つの方法です。転職する際には何かと不安が募ってしまいますが、会社によっては相談係とも言えるコンシェルジュを用意していることも目立ち、全てを完全に無料で使えるように工夫している会社も人気があります。人生を大きく左右させてしまう内容になるので、転職サイトを選ぶ際にはできるだけ優れたサービスを充実させているものを利用する方法で、将来を安定させることができるのではないでしょうか。

今の会社に不安を感じたら転職へ、どんな方法があるのか?

昭和の頃は終身雇用制度が当たり前にありました。サラリーマンとして大企業に就職した人は、基本的に入社した企業に在籍し続けました。年功序列の制度が存在しており、真面目に働く続けるだけで年齢に合わせて待遇はどんどん向上していったのです。今現在では批判される事も多い年功序列と終身雇用制度ですか、日本人の国民性と日本企業の風土にむしろ合致していた、との見方が近年再燃しています。

真面目に働く事で必ず給与と昇進が約束される、それは社員一人一人のモチベーションを作り出すのは大変効果的でした。最近では残念ながら多くの組織で廃止され、更には多くの経営者が目先の利益最優先して、コストカット重視の改革を実施しているのが実態です。製品開発に掛かる投資を勿体ないという理由でカットしたり、人員を極限まで減らす事にこだわって現場の混乱を招く等、行き過ぎた合理主義者が指揮をする組織は大企業でも屋台骨が揺らぎ始めています。

今現在勤務している企業に将来性を感じないと思ったら転職の好機です。年功序列と終身雇用制度の良さを再確認し、その仕組みを復活させた企業があります。自分が入社した時はホワイト企業だったが、経営者が変わりブラックな体質に変貌した、それではもう勤務し続けるメリットがありません。

転職をスムーズに進めるための方法ですが、転職支援サイトを使うのがオススメです。就職活動の時と大まかな方法は同じです。インターネット上には既に社会人になった方向けの求人サイトがあります。しかも転職活動を秘密裏に進められるサービスがあり、そこに登録をすれば中途採用者向けの魅力的な情報が沢山見られます。

新卒採用以外に最近は多くの企業が中途採用者を挙って募集し始めました。理由は単純明快で、即戦力としてベテランの社会人を欲しがる人手不足な現場が増えてきたためです。転職サイトに登録し、プロフィールを設定するだけでも十分となります。企業側からプロフィールを参考にヘッドハンティングのお誘いが来るためです。